CAMLクエリーによるリストの照会[オンライン・オンプレ]

2017/05/07

CAMLクエリーを使用してリストを紹介し、条件に合致するリストアイテムを取得するプログラミングを、オンライン(JSOM)とオンプレ(C#)で記載しています。

 

 

1.オンプレ

 

C#によるプログラム例です。

 

クエリーは、SPQueryオブジェクトにより行います。

Queryプロパティにて、CAML式を設定し、ViewFieldsプロパティに返すべきフィールドを定義します。
SPList.GetItems()メソッドを、CAMLクエリーを設定したSPQueryオブジェクトを引数に設定して呼び出し、アイテムを取得します。

 

 

 

2.オンライン

 

Java script(JSOM)によるプログラム例です。

 

クエリーは、SP.CamlQueryオブジェクトにより行います。

CamlQuery.set_viwXmlメソッドの引数に、CAML式を渡します。

返すべきフィールドやソート順についても、CAML式で定義します。

必ず"<View><Query>"タグで囲む必要があります。

List.getItems()メソッドを、CAMLクエリーを設定したCamlQueryオブジェクトを引数に設定して呼び出し、アイテムを取得します。

 

 

以上となります。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

RECENT POST
Please reload

Copyright© 2017  Aiprovide Corporation all Right Reserved.

  • Aiprovide Coroporation
  • Aiprovide Corporation