SharePoint Alive! Presence Feature

プレゼンス機能により、以下を実現しています。

1.現在表示しているページを、同時に使用している全てのユーザーを表示します。

​同時に使用しているユーザーの一覧は、リアルタイムに変わります。

(1)自分以外のユーザーが開いた場合は、即座に表示されます。

最初の状態では、自分のみが表示されます。

​同一ページを他のユーザーが開くと、開いたそのタイミングで表示に反映されます。

ユーザーが他のページに移動したり、ブラウザを閉じると、そのタイミングで表示から消えます。

(2)一覧の表示順は、ページを開いた順番となります。

​同時に使用しているユーザーの一覧は、リアルタイムに変わります。

​一番最初にページを開いたユーザが、一番先頭に表示されます。

自分より先に開いていたユーザーが別のページに移動すると、自分の順番が繰り上がります。

2.編集ページに配置することで、競合を防げます。

同一アイテムを複数ユーザーで編集すると競合が発生し、編集したデータが保存できない場合があります。

​プレゼンス機能を使用することで、競合を回避することができます。

(1)競合を防ぎたいリストの任意のデータを編集画面で開き、[歯車アイコン]-[ページの編集]にて編集モードで開きます。

「SharePoint Alive!アプリパーツ」を配置します。

(2)アイテムを編集するためにページを表示すると、同時に編集中のユーザーが表示されます。

同一アイテムを複数のユーザーで編集していることが判った場合は、編集を譲る側のユーザーが「キャンセル」ボタンで閉じます。

​競合が発生していない場合は、自分のみが表示されます。

編集中のアイテムを、他のユーザーが同時に開いた場合は、そのユーザーが表示されます。

逆に、編集しようとしたアイテムが既に他のユーザーにより編集中の場合は、そのユーザーが先頭に表示されます。

競合を検出した場合は、譲る側のユーザーが「キャンセル」ボタンで終了します。

チャット機能により会話して、譲る側を調整することもできます。

​以上です。

Copyright© 2017  Aiprovide Corporation all Right Reserved.

  • Aiprovide Coroporation
  • Aiprovide Corporation