Talking SharePoint Development.

A blog about programing and approach

2017/05/07

サイト列を使用すると、リスト/ドキュメントライブラリへの列の追加が簡単に行えます。サイト列を利用するシーンについて記述しています。

1.サイト列とは

「サイト列」は任意のサイトにおいてサイト内に定義できるリスト列で、一度、サイト内にサイト列を定義すれば、そのサイト内の任意のリスト/ドキュメントライブラリにおいて、そのサイト列をリスト列として追加できます。

 サイト列は内部名も持っており、リストに追加してもこの内部名を保持するため、複数のリスト/ドキュメントライブラリに、論理的に同一の意味合いを持つ列を追加する場合に、リスト/ドキュメントラ...

2017/05/07

プログラムにて、SharePoint非常にアイテム数の多いリストやドキュメントライブラリから、確実にアイテムを取得する方法について記載しています。

1.複数回に分けて取得する

 非常にアイテム数が多いリストやドキュメントライブラリから、アイテムを取得することを考えます。ここで、全アイテムが取得できるはずのSPList.Itemsを使用すると、リストビューの閾値の制限やタイムアウトの発生により、全アイテムを一度に取得できない場合があり、推奨されていません。
 また、ドキュメントライブラリにおいては、SPList.Itemsはファイルは返し...

2017/05/07

SharePointにおいて、ドキュメントライブラリは非常に多くの場面で使用します。ドキュメントライブラリを、カスタマイズプログラムにより作成する方法を記載します。

 SharePointにて業務システムを構築する際に、ドキュメントの保管庫としてドキュメントライブラリを使用する場合が多々あります。ドキュメントライブラリはシステムの初期導入時に一度作り、その後の新規作成/削除は、管理者により手動で行われる場合がほとんどです。

しかし、年度ごとに自動作成するシステムの場合や、移行プログラムにおいては、カスタマイズプログラムにより作成する場合...

2017/05/07

SharePointで構築した業務システムを、日本国内向けと海外向けの両方で用意するお客様が増えてきた旨の記載をしました。

日本国内向けのサイトを海外向けに移行する際の、リストの移植の方法について記載しています。

1.リスト/ドキュメントライブラリを移植する

こちら、

 業務システムのグローバル化についての考察[オンライン・オンプレ]

グローバル化の流れから、SharePointシステムを日本国内向けと海外向けの両方に用意するお客様が増えてきた旨のお話をしました。

特に、ここに記載した「分離方式」について記載していきたいと思います。

 この「分離...

Please reload

アイプロバイド株式会社

Director of Itaru Ando

 

SharePointのカスタマイズについて、オンプレ、オンラインの別無く記載しています。記載にあたり投稿順を整理していませんので、SharePointの全体像は掴みにくいかも知れません。

 ご意見、ご要望等ございましたら、お聞かせ頂けますと幸いです。

RECENT POSTS
Please reload