Talking SharePoint Development.

A blog about programing and approach

2017/05/15

SharePointのカスタマイズプログラムにおいて、ドキュメントを処理する方法を記載します。

 SharePointにおいて、ドキュメントライブラリに格納されたドキュメントは、通常のリストアイテムに対してドキュメント専用の属性を保持します。

これらの属性としては、

・バージョン数

・チェックアウトの有無

・ファイルストリームへのアクセス

等があります。

 ドキュメントライブラリ内のドキュメントは、通常のリストのリストアイテムとして取得します。その後、取得されたリストアイテムをドキュメントとして処理します。

1.オンプレ

 非常に簡単で、リストアイテ...

2017/05/07

SharePointドキュメントライブラリについて、その全アイテムを取得する方法を記載しています。

 ドキュメントライブラリの全アイテムを取得する際に、ライブラリ内にサブフォルダが存在しない場合にはSPList.Itemsでアイテムを取得できます。しかし、サブフォルダが存在する場合は、SPList.Itemsではサブフォルダ内のアイテムは取得できないため、これは使用できません。

 また、通常の運用において、ドキュメントライブラリ内には非常に多くのアイテム(ファイル)が格納され、SPList.Itemsで一度に全てを取得することは推奨され...

2017/05/07

プログラムにて、SharePoint非常にアイテム数の多いリストやドキュメントライブラリから、確実にアイテムを取得する方法について記載しています。

1.複数回に分けて取得する

 非常にアイテム数が多いリストやドキュメントライブラリから、アイテムを取得することを考えます。ここで、全アイテムが取得できるはずのSPList.Itemsを使用すると、リストビューの閾値の制限やタイムアウトの発生により、全アイテムを一度に取得できない場合があり、推奨されていません。
 また、ドキュメントライブラリにおいては、SPList.Itemsはファイルは返し...

2017/05/07

SharePointにおいて、ドキュメントライブラリは非常に多くの場面で使用します。ドキュメントライブラリを、カスタマイズプログラムにより作成する方法を記載します。

 SharePointにて業務システムを構築する際に、ドキュメントの保管庫としてドキュメントライブラリを使用する場合が多々あります。ドキュメントライブラリはシステムの初期導入時に一度作り、その後の新規作成/削除は、管理者により手動で行われる場合がほとんどです。

しかし、年度ごとに自動作成するシステムの場合や、移行プログラムにおいては、カスタマイズプログラムにより作成する場合...

2017/03/17

この記事は、弊社が開発した「TreeView アプリパーツ」について説明しています。このアプリパーツを使用すると、SharePoint Onlineのサイトに存在するドキュメントライブラリについて、エクスプローラーの様に表示することができます。

 SharePointを利用して文書管理を行う際には、サイト上にドキュメントライブラリを作成し、このドキュメントライブラリ内にドキュメントを登録します。この際、ファイルサーバーと同様に、ドキュメントライブラリにフォルダを作成して文書を分類することが一般的です。フォルダを作成しない運用も考えられ...

Please reload

アイプロバイド株式会社

Director of Itaru Ando

 

SharePointのカスタマイズについて、オンプレ、オンラインの別無く記載しています。記載にあたり投稿順を整理していませんので、SharePointの全体像は掴みにくいかも知れません。

 ご意見、ご要望等ございましたら、お聞かせ頂けますと幸いです。

RECENT POSTS
Please reload