Talking SharePoint Development.

A blog about programing and approach

2017/05/07

サイト列を使用すると、リスト/ドキュメントライブラリへの列の追加が簡単に行えます。サイト列を利用するシーンについて記述しています。

1.サイト列とは

「サイト列」は任意のサイトにおいてサイト内に定義できるリスト列で、一度、サイト内にサイト列を定義すれば、そのサイト内の任意のリスト/ドキュメントライブラリにおいて、そのサイト列をリスト列として追加できます。

 サイト列は内部名も持っており、リストに追加してもこの内部名を保持するため、複数のリスト/ドキュメントライブラリに、論理的に同一の意味合いを持つ列を追加する場合に、リスト/ドキュメントラ...

2017/05/07

SharePointにおけるコンテンツタイプIDの種類と、コンテンツタイプの継承においてコンテンツタイプIDがどの様に付与されるかについて記述しています。

1.コンテンツタイプの一覧

良く使われるアイテムのコンテンツタイプの一覧は、以下の様です。

2.コンテンツタイプの継承

コンテンツタイプは、以下の様にサイトの設定の「サイトコンテンツタイプ」で手作業で追加するか、

プログラムによりコードで新しいコンテンツタイプを作成すると、コンテンツタイプIDが自動的に生成されます。

 このIDは、継承元のコンテンツタイプIDの後に、"00"と新しいGUID...

2017/05/07

SharePointのCUはSPの様に毎回当てることは必須ではありませんが、必要に応じて適用します。この際、CUの適用に長時間かかる場合の対処方法を記載しています。

 CUは、バグフィックスや動作の安定性を目的として適用しますが、逆にCUを当てたことにより不安定になる場合もたまにあります。そのため、CUを適用した後の安定度の情報を収集して任意のタイミングで適用します。

 また、システム開発にあたっては、導入先のお客様の環境と極力合わせた方が良いために、お客様にて適用されたものと同一のCUを適用する必要があります。

 このように、CUを適用...

2017/05/07

SharePointで構築した業務システムを、日本国内向けと海外向けの両方で用意するお客様が増えてきた旨の記載をしました。

日本国内向けのサイトを海外向けに移行する際の、リストの移植の方法について記載しています。

1.リスト/ドキュメントライブラリを移植する

こちら、

 業務システムのグローバル化についての考察[オンライン・オンプレ]

グローバル化の流れから、SharePointシステムを日本国内向けと海外向けの両方に用意するお客様が増えてきた旨のお話をしました。

特に、ここに記載した「分離方式」について記載していきたいと思います。

 この「分離...

2017/05/07

SharePointアドイン(アプリ)を販売目的でストアに公開することができます。この記事では、このストアに公開するまでの流れについて記載しています。

 弊社ごとで恐縮なのですが、今まで、主にオンプレ上の業務システムの開発を行って来ました。しかし、ここ2年くらい前から、オンライン上のシステムの開発の仕事に従事する機会も増えて来ました。そこで今まで棚上げにしていましたが、オンライン用のプログラムを開発して、SharePoint ストアに公開してみようと考えました。

 実は、昔の話なのですが、Microsoft社様が主催した「Apps fo...

Please reload

アイプロバイド株式会社

Director of Itaru Ando

 

SharePointのカスタマイズについて、オンプレ、オンラインの別無く記載しています。記載にあたり投稿順を整理していませんので、SharePointの全体像は掴みにくいかも知れません。

 ご意見、ご要望等ございましたら、お聞かせ頂けますと幸いです。

RECENT POSTS
Please reload